〜とある電波なdiary〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ソードアート・オンライン<1>

<<   作成日時 : 2009/04/19 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、第15回電撃小説大賞の大賞作品、アクセル・ワールドの

著者である川原礫さんの作品の紹介です。

本来こちらの方を随分前に書き上げていたそうなのですが、

枚数制限上発表していなかったそうです。

アクセル・ワールドの出版が決まったあと、担当の三木さんの、

これも出版しましょう!との一言で今回の出版が決まったとのこと。

三木さん、本当にありがとうございます!この方は、お気に入りのシリーズ

「とある魔術の禁書目録」の担当もされているので知っていたのですが、

この本の裏話を聞き、改めて感謝の気持ちが沸いてきました。

さて、肝心の内容ですが、簡単に説明すると、

自分の意思でアバターをコントロールできる次世代MMORPG

『ソードアート・オンライン(SAO)』のプレイヤーが、ゲーム内に

閉じ込められ、「HPが0=本当の死」という状況の中、唯一の脱出方法

であるゲームクリアを目指していくというものです。

この話はゲームの中という設定で様々なRPGの要素が出てくるのですが、

アクセル・ワールドのときも感じたように、作者の巧みな文章力によって、

本当に自分がゲーム内にいるような感覚になりました。

最終戦からラストにかけては、涙が止まりませんでした。

今作に『1』とついていることもあり、まさかヒロインがあんなことになるとは

思ってもみず、驚きを隠せませんでした。

ただ、最後まで読むと『1』の意味も分かり、次巻以降が待ち遠しく

なっているところです。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソードアート・オンライン<1> 〜とある電波なdiary〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる