化物語<上>

この本はアニメ化をきっかけに読み始めた作品です。

内容は、登場人物たちが怪異に遭い、住所不定

無職(?)の忍野の手助けによって、勝手に助かる話です。

勝手に助かる、とはあまり聞きなれない表現だとは思いますが、

そこは読んでもらえれば納得できると思います。

この本は、怪異の話も重要ですが、なによりも登場人物たちの

言葉のやり取りが面白いのです。読むたびに自分の語彙が豊かに

なっていくのを感じます。

 アニメの方も見始めたのですが、よく出来てますね。さすがは

シャフトです。私なんかは原作を読んでいるので、一々カット毎に

停止させる必要は無いのですが、知らない方は大変だろうと思います。

ただ、やはり言葉遊びとしては、もちろん原作には及びませんが。

それほど表現が豊かで素晴らしい作品なのだと思います。



化物語(上) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック