ソードアート・オンライン<2>

待望の2巻目。あらすじからどうぞ。

クリアするまで脱出不可能のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』に

接続した主人公・キリト。最上階層を目指す“攻略組”の彼以外にも、

様々な職業や考え方を持つプレイヤーがそこには存在していた。

彼女たちはログアウト不可能という苛烈な状況下でも、生き生きと暮らし、

喜び笑い、そして時には泣いて、ただ“ゲーム”を楽しんでいた。

“ビーストテイマー”のシリカ、“鍛冶屋”の女店主・リズベット、

謎の幼女・ユイ、そして黒い剣士が忘れることの出来ない少女・サチ―。

ソロプレイヤー・キリトが彼女たちと交わした、四つのエピソードを、今紐解く。

1巻では、ゲームクリアし、現実世界に戻るところまで話が進みましたが、

2巻では時間をさかのぼり、攻略までにあった4つの話が描かれています。

どれも女の子との出会いの話なわけですが、キリトさん、モテモテです。

出会ってから1日で落としちゃってます。まあそれも、キリトがいい奴

だからなのですが。前巻ではキリトやアスナを中心とする、いわゆる攻略組に

視点が置かれていましたが、今巻はそれより少し下の、中層プレイヤー達に

ついての話になっています。正直現実世界に戻ってからの話が早く

知りたいのですが、これはこれでなかなか楽しめました。前巻にもあった、

キリトが全滅させてしまったギルドについても改めて書かれています。

次巻はついに現実世界の話。今冬発売予定です。




ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川原 礫


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック