俺の妹がこんなに可愛いわけがない<5>

~「じゃあね、兄貴」―別れの言葉を告げ、俺のもとから旅立った桐乃。

…別に寂しくなんかないけどな。そして新学期。平穏な高校生活を

謳歌する俺のもとに、奇妙な後輩が現れる。「おはようございます、

先輩」俺は、黒猫の人間としての仮初めの名を知り、より深い“絆”

を築いていくことになる。“妹”と“親友”。ともに大きなものを失った

二人は、数多の思想が渦巻く校内で、“魔眼遣い”の少女と対峙する。

“稀少能力”を持つ少女に、俺と黒猫は圧倒され、異空間へと誘われ…!!

“日常”と“非日常”が交差するとき、物語は始まる―。 ~

4巻の読者アンケートなどで以前より話題性が高まっている「おれいも」こと

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」シリーズ第5巻。

ちなみにあらすじの後半部分は冗談で、そんな超展開にはなっていません。

最初見た時は驚きましたが。。アンケートにもあった、桐乃ルートになるのか

黒猫ルートになるのかは、読んでみて確かめてもらいたいのですが、

個人的には期待を裏切られず、ちょうどいいところに落ち着いたように思います。

今巻では新キャラも登場し、桐乃がいないぶん彼らが話を盛り上げています。

主人公の高坂京介は、いままでは一線を越えなかったのが、今回の話で

それを突破します。本人は否定していますが。彼を見ていると、なんだか

1年半前頃から染まってきた自分を思い出します。最初は、全然そんなこと

ねーよ、と思いつつ、気が付いたら今の状態に。人ってこんなに変わるんですね・・・。

さて、そんな「おれいも」の、ドラマCD化が決定しました。

気になるキャストの方々はというと、

高坂桐乃:竹達彩菜  高坂京介:中村悠一  黒猫:花澤香奈

沙織・バジーナ:生天目仁美  田村麻奈実:佐藤聡美  新垣あやせ:早見沙織

来栖加奈子:田村ゆかり メルル(星野くらら):田村ゆかり

こんな感じです。一般販売がいつになるのかは分かりませんが、電撃屋で通販注文

を2月22日までにすると、3月下旬頃に発送されるそうです。




俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック