神様のメモ帳<4>

~あの男が戻ってきた―四代目率いる不良少年チーム・平坂組の、

もう一人の創設者、平坂。折しも四代目は音楽イベントの運営に乗り

出し、夏休み中の僕もその手伝いに駆り出される。しかし平坂の指示

で動く不良たちが次々に妨害工作をしかけ、やがて平坂組との全面

対決に突入する。四代目は平坂との間になにがあったのかも語らず、

僕らの協力を突っぱね、かつての友とひとりで戦おうとする。「四代目は

間違っている。ぼくは今、探偵の禁を犯す」―ニート探偵アリスがえぐり

出す、五年前の悲劇の真実とは?白熱のニートティーン・ストーリー、第4弾。~

1月に入ってから読み進めてきた『神様のメモ帳』も、4巻が現在の最新巻です。

今回は、ニート探偵団というより、平坂組にスポットが当てられた話です。

3巻以前にも少しだけ話に出た、昔四代目とともに平坂組を作ったもう一人の男

と四代目の過去が深く絡んだ今回の話。ここまでこのシリーズを読んできました

が、一番心に染みる話です。四代目の優しさを、そして鳴海の行動力を一番

実感できた物語だったと思います。



神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
杉井 光


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック