テーマ:ファミ通文庫

バカとテストと召喚獣<7>

~これまで数々の恥辱(←自業自得)に耐えてきた明久とFクラスの 面々。しかし、そんな彼らも遂に爆発!?新学期早々の抜き打ち 持ち物検査で聖典を没収され復讐に燃える修羅たちは、体育祭の 一競技、生徒vs教師交流野球で教師陣に直接恨みを晴らさんと 誓うのだが…。なんと競技は戦友を賭けた召喚獣野球に発展! パトス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"文学少女"と慟哭(どうこく)の巡礼者(パルミエーレ)

~もうすぐ遠子は卒業する。それを寂しく思う一方で、 ななせとは初詣に行ったりと、ほんの少し距離を縮める心葉。 だが、突然ななせが入院したと聞き、見舞いに行った心葉は、 片時も忘れたことのなかったひとりの少女と再会する!過去と 変わらず微笑む少女。しかし彼女を中心として、心葉と周囲の 人達との絆は大きく軋み始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“文学少女”と穢名(けがれな)の天使(アンジュ)

「文学少女」シリーズの4巻目。3巻で止まっていましたが、 来年のゴールデンウィークに劇場アニメが公開ということで、 再び読み始めました。 ~文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛している この“文学少女”が、何と突然の休部宣言!?その理由に呆れ 返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。 一方では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“文学少女”と繋がれた愚者

音楽に引き続き、久々に本の紹介。 「文学少女」の三巻目です。今回の主人公は、 弓道部で優等生の芥川くんと、その彼女の更科さん。 失敗を恐れるあまり積極的になれないせいで、結果的に 彼女や弓道部の先輩をも傷つけてしまう芥川。 ただ、今回も遠子の活躍で、すっきり解決しました。 文化祭の時期の話でもあって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“文学少女”と飢え渇く幽霊

「文学少女」シリーズ二巻目の紹介。 今回の内容は、タイトルにもあるように“幽霊”に関する 話題が多く出てきます。遠子は幽霊が苦手なので、 作中に何度も怖がっていました。実際に幽霊が出てくる わけではありません。  昔日本の紳士に拾われた外国人の少年は、その男の 娘と仲良くなり、いつも一緒に生活していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカとテストと召喚獣<6>

バカテスシリーズ7巻目の紹介。 と、その前に・・・。バカテスのアニメ化が 決まりましたね~!好きなラノベのアニメ化は 喜ばざるを得ません。原作に優るとも劣らない 笑いを提供してくれることを期待しています。 今回の内容は、召喚獣が期末の結果でリセット されることを思い出した明久達が、自分達の 召喚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“文学少女”と死にたがりの道化

何だかんだ愚痴っておきながら、朝起きたら熱があり、 本当に休んでしまったkeyです・・・。 それはさておき、文学少女シリーズ第一巻の紹介。 このライトノベルがすごい!2009で一位を受賞していたのを見て 興味を持ったこの作品ですが、各巻ごとに、著名な作家の作品を 題材にしているようですね。第一巻は太宰治の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more