テーマ:講談社文庫

空の境界<下>

久々の本の紹介です。 上、中と変わらない難しい内容でした。 一つ目の話は「忘却録音」。 この話では、幹也の妹で、橙子の弟子の鮮花が 主人公的な位置づけになり、彼女の通う礼園での 奇妙な事件の調査を、彼女と式で行うというもの。 忘却録音というだけあって、記憶に関する内容が 主なものになっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の境界<中>

「空の境界」中巻の紹介。 う~ん、説明が難しいですね。とりあえず、主な話である 矛盾螺旋は、上巻での巫条霧絵と浅上藤乃の話の 黒幕であったらしい魔術師の荒耶宗蓮の計画を、式が 自身の直死の魔眼と驚異的な身体能力で阻止するといった ところでしょうか。式だけが戦ったのではなく、蒼崎橙子や 新しい登場人物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の境界<上>

この作品は、シナリオライターでもある小説家の奈須きのこ氏 による執筆。 「空の境界」は、劇場版アニメ化もされているので、名前は 知っていましたが、たまたま友人から借りる機会があり、 読んでみる事にしました。読み始めてからの第一印象は、 全体像が見えてこない、ということ。解説でそういうつくりに なってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more